まぶたの施術法|二重の整形で愛くるしい瞳に|施術にかかる費用

二重の整形で愛くるしい瞳に|施術にかかる費用

先生

まぶたの施術法

瞳

2種類の施術法がある

一般的には、目が大きくぱっちりしている方が好まれるので、一重より二重まぶたになりたい女性が多いのです。そのような女性たちは、メイクに時間をかけることで目を大きく見せる努力をしています。しかし、忙しい時にしっかりメイクする時間は無く、アイプチやアイテープなどの費用も結構かかってしまいます。そんな時は整形手術で二重を作ることで、朝のメイク時間短縮や、化粧道具の費用節約に繋がる可能性があるのです。美容整形手術で行われる二重まぶたにする施術法は、メスを使う切開法と糸やテープを使った埋没法の2つに大きく分けられます。切開法とは、メスを使って皮膚や脂肪を切ったり、筋肉を調節したりして二重を作る方法です。患者の希望通りに仕上げることができ、効果が長く維持することが出来るので、現在でも多くの美容クリニックで行われている施術法です。一方、埋没法は手軽でダウンタイムが少ない施術であり、この方法を希望する患者が増えていることから、二重まぶた整形手術の主流になっています。

なぜ2種類あるのか

2種類の二重まぶた整形手術は、どちらも比較的費用のかからない手術ですが、それぞれのメリットは全く異なります。切開法は施術の自由度が高いので、細かい修正や患者の希望通りの仕上がりを作りやすくなっています。まぶたの皮の厚さや脂肪のつき具合には個人差があるので、埋没法に向いていない人でも綺麗に仕上がる可能性が高い施術法なのです。美容整形は基本的に保険の適用外なのですが、稀にいる眼瞼下垂という状態の人は、保険が適用される切開法を行うことができます。埋没法のメリットは、傷ができないので気付かれにくいことと、術後の腫れや痛みが少ないことです。また、施術にかかる時間は30分程度で費用も安く、忙しい人や金銭的に不安を抱える人でも手軽に受けることができます。元に戻したい場合は、二重を作り出している糸やテープを取るだけなので、安心して手術を受けることができるのです。このように2つの美容整形法には、効果・時間・費用などの違いはあるのですが、それぞれにメリットがあるので、どちらも必要な二重まぶた施術法なのです。