二重の整形で愛くるしい瞳に|施術にかかる費用

二重は作れる!憧れの瞳を手に入れる

理想の目を手に入れる方法

眼

一重や奥二重に悩んでいる人は、二重の整形手術がオススメです。費用も他と比べて安く、埋没法や切開法など仕上がりに応じて様々な方法があります。一度手術を行うだけで、簡単に理想の目を手に入れることが出来ます。

詳細へ

手術の特徴と相場

カウンセリング

美容整形で一重から二重にする場合、手術の仕方によって手術費用が異なります。リーズナブルな費用で出来るのがクイック法や埋没法です。切開法は費用が高くなりますが、まぶたについた余分な脂肪が取れるのでよりぱっちりした二重を作れます。

詳細へ

まぶたの施術法

瞳

目を大きく見せることができるぱっちり二重を作るには、整形手術による二重まぶた手術が有効で、切開法と埋没法の2種類があります。この2種類には、それぞれに効果・時間・費用の面で違いはありますが、どちらもメリットの多い人気の施術法なのです。

詳細へ

値段がお手軽な美容治療

鏡を持つ女性

一重まぶたを二重にする整形手術は、手っ取り早く、病院によってはよりリーズナブルな費用で見た目を改善することが出来ます。ただ、その分病院の見極めは重要で、利用の際はサービスの質や価格とのバランス、医師の腕など事前のリサーチが欠かせません。

詳細へ

価格を把握して受けよう

ドクター

二重整形にかかる費用は、埋没法ではスタンダードな2点留めで平均8万円程、切開法では、部分切開で平均25万円、全切開で平均28万円程となっています。クリニックの広告などには価格が記載されていますが、麻酔やカウンセリング料は別料金になっていることもあるので、しっかり確認しておくことが大切です。

詳細へ

パッチリと開く目に

目元を触る人

昨今では、一重まぶたの人の多くが、美容整形で二重まぶたにしています。なぜなら一重まぶたの状態だと、目をパッチリと開くことが困難だからです。二重まぶたとは、皮膚がくぼむことで、横方向に走る1本の筋ができているまぶたのことです。くぼんでいるということは、まぶたの一部が奥に押し込まれているということです。その分まぶたの縦幅は短くなりますし、短ければそれだけ、まぶたは持ち上がりやすくなります。そのため二重まぶたの場合、目がパッチリと開きやすいのです。逆に一重まぶたの場合は、まぶたの縦幅が長いため目を開きにくい上に、加齢によってまぶたがたるむことで、目が塞がりやすくなります。つまり年をとるにつれて、目が細くなってしまうということですから、これを回避するためにも多くの人が、費用をかけて美容整形で二重まぶたにしているのです。現在では技術の向上により、比較的安い費用で手軽に二重まぶたにすることができるようになっています。そのことからも、美容整形の需要は高まっています。

二重まぶたにするための美容整形は、従来は切開法によっておこなわれていました。具体的には、まぶたをメスで切開することで、二重の溝を作っていたのです。現在もこの切開法による施術はおこなわれていますが、より手軽な埋没法による施術も、さかんにおこなわれるようになっています。埋没法とは、文字通りまぶたを埋没させることで、溝を作るという方法です。どのように埋没させるのかと言うと、まずはまぶたを裏返し、そこから針で糸を挿入します。その糸を引っ張ると、まぶたの表側には、くぼむことによる溝が生じます。そしてその溝によって、二重まぶたの状態に見えるようになるわけです。通した糸は、結ぶことで固定されるので、この状態は維持されます。このように埋没法は手軽な美容整形なので、施術時間は15分程度となっていますし、費用も片目で2〜3万円ほどが相場となっています。ただし、よりしっかりとした二重まぶたにするために複数の箇所に糸を通す場合には、1箇所につき費用が2〜3万円ほどアップします。